素人投資家みくたのチラシの裏日記

万年素人投資家みくたの資産運用奮闘記。素人でも資産増やせたらすごくない?クソ記事量産型

2019年の成績を公開するよ

あけましておめでとうございます。

どうやら2019年頭にも、2018年の投資成績を公開していたので、テンプレを流用したいと思います。

sabuaka.hatenablog.jp

 

一年早いなぁと思いつつも、昨年末って下げてたんですね?あぁちょっと下げてたなぁぐらいの印象だったのですが、今読み返すとトータルリターンがマイナスだったのに、あまり悲壮感がありませんでした。結果的に2019年は爆上げだったわけですね。

2018年末時点の成績

  • 評価額 13,532,071円
  • トータルリターン -599,102円
  • トータルリターン -3.92%

昨年の成績ではなく投資を始めて以来の成績になります。資産運用を始めて60万円ほど損をしている計算になります。トータルリターンは、保有含み損益と配当・確定損/利益のこみこみです。

2019年末時点の成績

  • 評価額 7,195,212円
  • トータルリターン +2,349,874円
  • トータルリターン +32.15%

いや、これほんまにあってるん?笑 ほんまけ?笑って感覚です。

ほんとうに実感ありません。うーん、計算間違ってる感満載ですが、どこで間違ってるのか精査するのが面倒なのでしません笑

2018年末時点で-60万円のリターンでは2019年末時点+230万円なので、2019年は390万円くらい儲かった計算です。ほんまに?笑

評価額半分くらいに減ってるのは、利益確定してバンバン売っちゃった結果ですね。

JTやBTIは未だに含み損抱えているわけですし、儲かったって感覚はあまりありませんでした。

ただし、感覚的には好景気なのは間違いありません。ダウやS&P500が依然として高値を更新している状況です。順張りよりも逆張りな好きな私としては、ここらでキャッシュポジションを大きくとりました。今年、来年と株式市場がさらに飛躍するのであれば私の判断は間違いだということになりますね。

 

2019年はFXで8万円儲かった~やったぜ、下手したら株よりも儲かってるかもなぁなんて考えていたのですが、うれしい誤算でしたね。

sabuaka.hatenablog.jp

配当について

f:id:Sabuaka:20200102145506p:plain

来年は今年よりも大幅に配当が減ると予想されます。投資額が2018年末と比較すると5~6割程度なので、配当も似たような状況になるのでしょう。30万円程度いけば御の字でしょうか。

 

2020年について

まぁ相場のことは結局予想がつきません。上昇相場においていかれないようにある程度ポジションをとっているものの、円安、株高だと感じているので、キャッシュ多めでどかっと下がったタイミングで買い増しをしたいところです。

 

気になっているのは、海外資産に投資をしている日本籍ETFの外国税額控除についてです。

マネックスの記事がわかりやすいかな?

info.monex.co.jp

今までは、外国税額控除って確定申告でしていた、おまけに全額は控除されない。

今年からは、海外投資ETFであっても、日本株と同じ税制でおk?って解釈なんだけど、合ってますかね?

例えば、VOOを持ってる場合、アメリカとの租税条約で、配当については現地で10%課税されたあとに、日本国内で約20%持っていかれるので、だいたい30%税金で持っていかれる計算です。

これが、例えば、ブラックロックジャパンのETFの1655や三菱UFJ国際投信の2558はともにS&P500指数に連動するETFなのですが、これらのETFが出される分配金は現地で10%持っていかれたあとに、日本国内で10%のみ支払う形になって、結果日本株の配当・分配金と変わらないってことになるのでしょうか?

これめちゃくちゃお得だと思うんですけど、どうなんでしょうか?

国内ETFだと、売買手数料は無料ですし、手間もかかりません。経費率もバンガードまでとはいきませんが、2558なんかは0.1%を下回る経費率となっています。

うーん、けっこう魅力的だなと思います。

【FX・手動トラリピ】2019年1月から12月までの実績

今年の相場がほぼ終わっているので、FXの一年の実績を綴りたいと思います。

2019年は、結果的にUSD/JPYとNZD/JPYのロングのみでした。

 

2018年12月29日時点での保有損益

日付 2018/12/29
USD評価損益 -9,063
NZD評価損益 -29,089
保有スワップ 5,025
評価損益 -33,127

昨年末では、保有ロットなどを記録していませんでした。

で、今年の年末、2019年12月28日時点での保有損益、並びに成績はというと、

日付 2019/12/28
USD評価損益 -13,786
NZD評価損益 -35052
保有スワップ 24,382
年間総利益 79,590
評価損益 -24,456
通算利益 122,377

ちょっと見にくいですね。

 

横並びにしてみました。

日付 2018/12/29 2019/12/28
USD評価損益 -9,063 -13,786
NZD評価損益 -29,089 -35,052
保有スワップ 5,025 24,382
年間総利益 41,674 79,590
評価損益 -33,127 -24,456
通算利益   122,377

・USD、NZDともに評価損が拡大している

→保有ロットが増えたことによる評価損ですね。じょじょに注文ロットを増やしていったので、評価損が拡大しました。

 

・保有スワップが増えた

5,025→24,382と増えました。19,000程度増えたことになります。これは未決済のロットのスワップになります。

 

・年間総利益は79,590

年間の利益は約8万円でした。昨年は約4万円でしたが、倍増したわけではなく、本格的にFXを始めたのが今年からとなります。

 

・評価損益は減少

USD、NZDともに評価損が拡大しているのに、合わせると減ってるのおかしくない?って話ですが、保有評価損益の計算は、USDとNZDの評価損+保有スワップとなり、保有スワップが増えたので、評価損が減ったということになります。

-33,127→-24,456

保有評価損益がプラス推移しています。

 

・最後に為替

NZD

74.01→73.28

USD

110.26→109.41

 

NZDは一時66円台まで落ちましたが、最終日もぐんぐんあげて結果的に昨年末とほぼ変わらない値となりました。

USDは、あまり変動のない一年だったように思います。

 

 

・証拠金・入金額

忘れていました。証拠金です。

今年の最大入金額は29万円でした。2019年12月28日時点では18万円となっています。証拠金維持率は300%は維持する運用としています。

現時点での証拠金維持率は495%となっているので、まだまだ出金していきます。

 

まとめ

  • FX始めてからの通算利益:122,377
  • 今年の通算利益:79,590
  • 今年の保有ロット評価益:+8,671

 

ということになります。みなさま良いお年を。

【FX・手動トラリピ】2019年1月から11月までの実績

SBIFXトレードを利用しているのですが、サービスの方針で通貨毎の損益が簡単に出力できなくなってしまいました。残念です。サーバーに負荷がかかってしまうのでしょうかね?

というわけで、合算値の損益しか分からなくなってしまいました。といっても僕の場合は、NZD/JPYとUSD/JPYの2通貨だけなので、そこまで困ってはいません。

 

NZD/JPY

●評価損益

-29,089→-74,483

年初来(厳密には、昨年12/29から計算しています)の含み損益は、-45394円となっています。

NZDが74.05円→70.33円と推移しているため、評価損が拡大しています。その分、保有建玉も増えている形となっています。

9月に66円をつける場面もありましたが、最近のNZDは好調で70円に戻してきていますね。

 

●スワップ
3647→11824
年初来で+8177です。これは未決済のスワップになります。

 

USD/JPY

●評価損益

-9,063→-13889

年初来(厳密には、昨年12/29から計算しています)の含み損益は、-4826円となっています。

USDが110.28円→109.52円と推移しているため、やや評価損が拡大しています。その分、保有建玉も増えている形となっています。

やや円高推移していますが、個人的な印象としては、かなり円安にふれているかなという印象です。

 

●スワップ
1434→12392
+10958です。これは未決済のスワップになります。

 

USDに関しては、含み損をスワップでカバーできている感じですね。

 

決済利益

  • 利益 65,263円
  • 決済スワップ 7,594円

合計 72,858円が本年の利益となります。

 

純利益

純利益=本年の含み損+本年の未決済スワップ+本年の決済利益

という計算になるので、-50,220円(含み損)+19,135円(スワップ)+72,858円(決済利益)=41,773円となっています。

USDはほぼ変わらず、NZDは4円程度の下落でも、これだけ利益が出ているので、かなり楽観視しています。

 

入金額の最大額は29万円です。現状は22万円です。

毎月1%~3%程度発注ロットを増やしていっていますので、徐々に利益が増えてくれればうれしいなぁといったところです。

【FX・手動トラリピ】2019年10月の実績を公開

FXは短期売買をされる方が多い中、長期的に運用をするつもりです。

昨年の秋ぐらいから、手動でのトラリピに本腰を入れてやってきている状況です。月に1度くらい報告できればしたいと考えています。

 

まぁトラリピって儲かるの?みたいなところですよね。実際、資産運用という観点では、株式が最適なのかなとは思いますね。

FXはゼロサムゲーム(手数料いれればマイナスサムゲーム)なので、株式の方が儲けやすいですね。まぁその上で、FXはの方が高リターンを叩き出せたらうれしいな、程度で運用していますので、まぁ遊びの範疇です。

さらにいうと、手動トラリピという素人の浅はかな戦略で勝てるのか?みたいなところですね。(願望でいえば、めちゃくちゃ勝ちたいですよ?)

 

というわけで、戦略のおさらい

  1. 現状USD/JPYとNZD/JPYのロング
  2. 毎月少しづつロットを増やしていく
  3. 20pipsで利確

大まかにはこんな感じです。まぁ過去記事読んでもらえれば、なんとなくこんなことやってるんやなってことが分かると思いますので、読んでください。

 

USD/JPYの実績

  • USD評価損益 -19,282
  • USD建玉 7,699
  • 年初来利益 27,428(利益)+4,188(スワップ)=31,616
  • トータル利益 63,226(利益)+12,297(スワップ)=75,523
  • 保有(未決済)スワップ 12,268

f:id:Sabuaka:20191027015816p:plain

ドルに関してはもう大勝利ですね。過去一年の推移はこんな感じです。完全にボックス圏ですよね。

上は112円、下は104円のレンジですね。今はちょうど真ん中あたりですね。体感としては、ドル強いなぁという印象ですね。

保有ロットの評価損が-19,282円で保有スワップが12,268円、そうすると実質-7,000円くらいですね。

今年の利益がだいたい3万円くらいで、今までの利益7.5万円ていど。

年初のUSDの評価損は-9,063円だったんですが、スワップは2,500円(ごめんなさい、NZDとの合算値のスワップしか記録していなかったので、ざっくりの数値です)なので、-6,500円程度。

年初来の評価損の推移は-500円程度(年初-6,500→現在-7000になるからですね)になります。その間に3万円くらい稼いでいます。

正直、評価損を考慮しても仕方がないと考えていますが、トータルリターンが重要とお考えの方が多いので、評価損を含めて計算をしています。

評価損を気にしても仕方ない理由は、戦略の性質上、ロットを持つこと=評価損を作ることなので、評価損が不可避となります。ロスカットしないように運用することが目的だからですね。

とはいえ、最終的にはトータルリターンも大事なので、そういう意味では、USDに関しては、すごくいい出来といえます。(もちろん今の所の話)

 

USDのロットは最高114円くらいから順に持っています。今は108.66円なのでだいたい6円くらいマイナスにいるわけですね。その状況でも、評価損が今までのスワップ総計よりも小さいことが非常に驚きです。

スワップ益だけでも2.4万円程度あるので、評価損よりも大きいですよね。USDバンザイ

 

NZD/JPYの実績

  • NZD評価損益 -97,494
  • NZD建玉 19,718
  • 年初来利益 30,613(利益)+1,829(スワップ)=32,442
  • トータル利益 58,237(利益)+5,497(スワップ)=63,734
  • 保有(未決済)スワップ 11,051

f:id:Sabuaka:20191027022031p:plain

NZDも一見ボックス圏ぽく見えますが、実際は75円あたりから、今は69円と6円も下げています。今年はマックス66円台まで下げました。若干盛り返して69円に至るといった感じですかね。

このところ、AUDやNZDがめちゃくちゃ弱くて下げまくってます。

f:id:Sabuaka:20191027022256p:plain

5年のチャートです。下げまくってるのが分かると思います。

なので、NZDは下げてる分、持ってるロットもUSDよりも多くなっています。

NZDに関しては、今年どころかトータルでもマイナスとなってしまっています。ロットは81円台から持っているので、12円程度下がっているので、まだ1年の運用ということを考えれば、仕方ありませんね。12円も下げてプラス推移する方が難しいです。

トータルで保有スワップ含めれば7.5万円程度になります。評価損が-9.7万円なので、2.2万円程度負けていることになりますね。

今年中にイーブンに持っていくのは若干難しいかもしれませんね。70円台まで戻すとイーブンになりそうですが、どうでしょうといったところですね。為替の行く末がわかっていればこんな苦労はしないので、年末に70円台まで戻るかどうかは分かりません。

 

為替って本当にどう転ぶか分からないんですよね。だからこそそれを利用して20pips抜くといった戦略にしているわけです。

FXは相対的な価値となります。USDと円の相対的な価値によって、上がったり下がったりするわけですね。なので、基本的には、0円になるということはないと思っているので、下がるにしても下限があるとふんでいるのですが、まぁ分からないですね。

トルコリラみたいな例もありますし、国がデフォルトすることもあると思うので、過度に期待するのは絶対によくないですね。

NZDが50円程度まで下がる可能性もあるでしょうし、逆に80円台まで戻すこともあるでしょうし、分からないので、トラリピという戦略をとっているわけですね。

 

NZDの今年の成績をまとめます。

  • 評価損推移:-29,089→-97,494なので、-68,405
  • スワップの推移:2,500→11,051なので、+8,551
  • 本年利益:+32,442
  • 合計:-27,412

ということになります。

USDは3万円程度稼いでいるので、NZDとUSDの成績をあわせると、トントンくらいの成績になりますね。うーん、やっぱり難しいですね。

ちなみにFXに入金している元本は29万円がマックスとなっています。今は4万円程度出金しています。

まとまりなく、とりとめなく、読みづらい記事になってしまいましたが、10月までの成績はこんな感じです。

手動トラップリピートイフダンFX運用を続けてみての経過観察

2019年も半年が過ぎようとしていますね。だからというわけではありませんが、ここらで手動トラリピの運用の経過観察をしたいと思います。

私は、手動でトラリピをしていますが、通常はFX業者のツールを利用して運用を行うのが一般的な気がします。

f:id:Sabuaka:20190629181538p:plain

引用:https://www.m2j.co.jp/fx-toraripi

私は業者のツールを利用するのではなく、手動でこのように何銭(pips)動いたら売る・買うといった注文を入れています。

 

なぜツールを利用しなかったかというと、

  1. 当時は有料?だった
  2. 最低ロットが大きかった

という点で、見送りました。

 

たまたまTwitterのタイムラインで流れてきたブログで、ツール利用のトラリピの運用記事があり、覗いてみたことがありました。

そのときに、「損切りをした」という内容のブログでした。深くは読まなかったのですが、トラリピ戦略に損切りなんて存在するの??という疑問があり、ツールに関してはかなり懐疑的です。

上図にも、書かれていますが、一定のレンジのもと売買をするツールという認識なのでしょうか?

私のトラリピはレンジ関係なく、下がってもずっと持ち続けるという戦略です。ゆえに損切りは存在しません。含み損を抱えながらスワップで耐えつつ、上がれば売却してキャピタル益を狙う戦略です。

昨年から始めていますが、きりもいいので本年度の成績を確認していこうと思います。

 

NZD/JPY

  • 昨年末の終値:73.59円
  • 2019年6月終値:72.46円(↘-1.6%)

f:id:Sabuaka:20190629194902p:plain

本年のチャートの形を簡単にみると、上がって下がって、また上がって今は中間?に差し掛かるような形ですね。

 

参考までに、もう少し長い期間で見ると、こんな感じです。

f:id:Sabuaka:20190629195436p:plain

リーマン・ショックのときはゆうまでもありませんが、チャイナ・ショックも記憶に新しいところです。

オセアニア通貨は中国の影響を受けるのですが、最近のレートはチャイナ・ショック近辺の水準まで下がってきていますね。

 

◯評価額推移

  • 昨年末の終値:-29,089円
  • 2019年6月終値:-44,708円

評価額は-15,619円に拡大していることが分かります。円高になっているので当然ですね。

 

◯年間利益

  • 利益:11,382円
  • 決済済みスワップポイント:831円

合計 12,213円

未決済の、つまり現在保有しているスワップポイントは含まれません。

 

評価額が-15,619円で推移していて、利益が12,213円なので、実質の運用益は若干のマイナスということが分かりますね。

 

USD/JPY

結論でいうと、USDもNZD同様にほぼ同じような結果となっています。

  • 昨年末の終値:109.56円
  • 2019年6月終値:107.88円(↘-1.53%)

 

◯評価額推移

  • 昨年末の終値:-9,063円
  • 2019年6月終値:-25,915円

評価額は-16,852円に拡大していることが分かります。円高になっているので当然ですね。

 

◯年間利益

  • 利益:10,796円
  • 決済済みスワップポイント:1,893円

合計 12,689円

未決済の、つまり現在保有しているスワップポイントは含まれません。

 

評価額が-16,852円で推移していて、利益が12,689円なので、実質の運用益は若干のマイナスということが分かりますね。

 

保有スワップ

未決済のスワップの推移が

  • 昨年末の終値:5,025円
  • 2019年6月終値:14,341円

となっているので、9,316円増加していることが分かります。

 

これを加味すれば、

  1. USD/JPY :-4,163円
  2. NZD/JPY :-3,406円
  3. スワップ:9,316円

合計 1,747円となり、ぎりぎりプラスの運用となることが分かります。

ちなみに、入金額(元本)は14万円です。コツコツ運用しているので、預託金残高は21万円弱まで増えています。

 

まとめ

半年の観察です。たった半年です。

半年で通貨が-1.5%になると、運用益はトントン。

 

皮算用すると、一年で通貨が-3%推移しても、運用益はトントン。になるのではないか?ということですね。

2020年年明けにでもきちんと報告したいと思います。

 

逆に通貨が下がらず、むしろプラス推移すれば文句なく運用益は出るはずです。

  • NZDは73.59円
  • USDは109.56円

この数字は昨年末の終値です。ここからどう動くか?で利益は変わってきます。

 

半年やってみての感想です。

  • いやーよう分からん
  • 半年じゃ分からん
  • あと皮算用は当たらないと思う
  • 為替は相対的な動きをするので、レンジで動くと思ってる
  • 近い未来はとりあえず、円高には進みそう
  • 将来的には、円安にBETしてる
  • なので、ショートではなく、ロングです
  • 怖いのはスワップポイント
  • 日本円がインフレしてくるとスワップポイントがマイナスになったりする?

とまぁこんなところです。結局よく分からないので、資産運用するなら株買った方がいいと思います。

実験的にこんな運用していますけど、これでも一応為替動きそうなニュースとかは情報収集しています。

個人的な見解としては、株よりもFXの方がトレンドが読みやすい気もします。なので、トレンドにそってキャピタル益狙うのはけっこうありな気がします。

それでもやっぱり才能であったり、経験であったり、強靭なメンタルあたりが必要になってくるので、最終的にやっぱり世界分散のETFをコツコツ買うのがいいのでは?という結論で〆させてもらいます。

 

HDVとVYMから分配金をもらいました。高配当戦略は是か非か。

お久しぶりです。特に株式についての投稿はかなり久しぶりに感じます。

とゆうのも、株式に関する情報はかなり氾濫しているように感じますし、弱小ブログでああだこうだ言っても仕方ないかなと思うところがあります。

かくゆう最近の私のスタンスは、情報をあまり見ないようにしています笑

 

株式運用については、かなり奥深いものである一方で、世界中のスーパーコンピューターで計算つくされた合理的な株価に対して、素人投資家の私があれこれ考えたところで無駄かなと思うこともあり、最近は少し飽き気味です。

 

表題に戻りますが、高配当ETFのHDVとVYMから分配金をもらいました。SPYDも持っているので、多分もう少ししたら振り込まれる予定です。

  • HDV 0.7504ドル(95.23ドル)
  • VYM 0.6247ドル(87.62ドル)
  • SPYD 0.4620ドル(37.98ドル)

6月の各ETFの分配金です。カッコ内は現在の株価になります。

 

前年同期の分配金はどうだったかというと、

  • HDV 0.7964ドル
  • VYM 0.6302ドル
  • SPYD 0.3761ドル

というわけでSPYDのみ増配される結果となっています。もちろん、たったの1期だし、だから何なの?って話になりますが、増配がうれしいにこしたことはありませんね。

HDVは特に銘柄がコロコロ入れ替わっているので、そのせいもあってか時期によって利回りが結構変わってきています。もちろん、利回りなので、株価に影響される部分も多分にあります。

f:id:Sabuaka:20190624182901p:plain

直近1年のSPYD、VOO、HDV、VYMの株価推移です。HDVが好調でついでVOOとなっています。SPYDは最も低い株価リターンです。

 

f:id:Sabuaka:20190624183112p:plain

今度は2年でみてみました。

VOOがトップですね。やはりSPYDのリターンが悪いです。

 

私は、以前よりHDVとVYMの両ETFを持っていますが、2016年、2017年あたりでは、HDVはVYMに常に劣後するイメージでしたが、今確認してみると大差がないどころかHDVの方がVYMより良い成績となっていますね。

僅かですが、VYMよりもHDVの方が分配金利回りも良いです。

 

結論

1年、2年の成績じゃ何も分からない。

 

投資、資産運用のゴールはどこなのか?毎年、毎年勝負をしているのであれば、1年の成績が重要になってきますね。そうじゃない人が大半だと思います。

最終的に投資した資産をどうしたいか?を改めて考えるのもいいかもしれませんね。

 

このところ、無配がいいのか、株主還元する企業がいいのかをずっと考えてきました。無配のAlphabetを購入したりもしましたが、高配当ETFは自分の結論としては、「まぁありかな」という判断です。

それでも、人にすすめるのであればやっぱりVOOやVTIですね。

 

というわけで、自分の中で資産運用に対する答えがそこそこ出てきているので、資産運用の情報をシャットアウト気味です。情報に振り回されることのないよう気をつけたいところですね。

あ、もちろん、本記事も「ふーん、なにいってんだこいつ」ぐらいの斜め読みをオススメしますよ。

手動トラリピFX運用実績【2019.4.20】

手動トラリピFXの実績です。これからFXにも徐々に資金を投入したいと思っていますが、これがFXの罠でしょうか。通貨は何も産まないという考えであれば、株式1本で全然いいと思いますが、無謀にもチャレンジしたいと思ってます。

FXなんてやっぱやめときゃよかった!なんて思わないように株式以上の成果を上げたいです。

  2019/1/1 2019/4/13 2019/4/20
USD評価損益 -9,063 -2,827 -3,039
NZD評価損益 -29,089 -16,860 -22,581
保有スワップ 5,025 8,810 9,038
年間総利益 0 15,119 15,620
評価損益 -33,127 -10,877 -16,582
トータル利益   57,906 58,406
       
週間利益 1,026 666 499
週間スワップ 634 231 228
       
USD/JPY   112 111.92
NZD/JPY   75.74 74.85
USD建玉   2,700 2,860
NZD建玉   5,819 7,503

先週と今週2週間分の実績になります。一応年初の数字も入れておきます。

上から保有建玉の評価損です。今週はNZDが安い推移となっています。年初からみると、やや円安に推移していますね。

保有スワップポイントは、まだ未決済のポイントになっています。年初5,000から今は9,000まで伸びてきています。この調子だと16,000くらいまではいきそうな感じですね。

 

年間総利益は、キャピタルゲイン+決済済みスワップポイントですね。現時点で15,000円くらいですね。年間40,000円くらいはいきそうです。

 

先週から、購入ロットを少し増やしたんですけど、動きがほとんどなかったためあまり変わりはありませんね。まぁもう少し様子見つつ段階的に購入ロットを増やしていきます。

利益とスワップポイントを合わせて1週間でだいたい1,000円いかない程度なんですけど、1週間で1万円くらいいけばうれしいなって思っていて、それぐらいまで購入ロットを上げていくつもりです。

 

評価損益の計算方法は、評価損+保有スワップポイントになります。評価損をスワップポイントで相殺できると安心して運用できそうですが、まだ時間がかかりそうですね。

スポンサーリンク