素人投資家みくたのチラシの裏日記

万年素人投資家みくたの資産運用奮闘記。素人でも資産増やせたらすごくない?クソ記事量産型

AT&Tを買いました

スポンサーリンク

こんにちは。みくたです。

昨日とうとうAT&Tを買いました。20万円分ほどになります。米国株は基本10万円ぐらいを目処に買っているのですが、今回はその倍ということで、AT&Tへの期待が現れています。が、本日早速1%ほど下落してる模様です。幸先悪いですね。キニシナイキニシナイ。

f:id:Sabuaka:20170712005103p:plain

過去一年の株価推移です。この一年で、最も下げてるのではないでしょうか。なんと利回り5.36%です。なんと、とは白々しいですね。はい。その利回りに魅了されて買ってしまいました。さらに30年以上連続で増配しています。とはいえ、配当性向が非常に高くそろそろ限界かもしれませんね。買った今年でストップしてしまうかもしれませんね。

ただ、毎年株主のために増配してくれてる企業が極端に減配するとはなかなか思えないんですよね。とゆうところで、やっぱり5%ぐらいの利回りは固いんじゃないかと、素人投資家は思うわけです。

ちなみにライバルのベライゾンコミュニケーションズも同じ配当水準です。

 

実はAT&Tには多少なりとも思い入れがありまして、それは私が米国株を始めるきっかけがAT&Tだったのです。

当時、日本の通信会社であるdocomoKDDISoftBankともに高収益企業でした。今でもそうですね。で、私単純ですから、「通信会社って儲かるんやな!!確かにネットてインフラやもんな!!スマホ全盛期、これからネットのない時代なんてありえない!!」そこで、日本の通信会社を買いたかったのですが、どこも配当が高くありませんでした。

そこで、目にしたAT&Tは5%を超えてるじゃありませんか。docomoは3%にも満たないのに。。急いで海外証券の口座を開いて、米国株への第一歩を踏み出したのでした。

ようやく一年半ほど経って購入できたわけですが、口座を開いてからいざ、買おうとしたのですが、株価がどんどん上がっていってしまったわけです。ようやく、買える水準まで落ちてきたので、迷わず買いました。

www.nikkei.com

AT&Tとベライゾンコミュニケーションズも日本のdocomoKDDIのようにうまく儲かってるわけではなさそうです。米国市場は熾烈な争いをしているようでして日本キャリアのような似たような料金プランというわけではないみたいです。さすが米国です。

toyokeizai.net

そんな日本でしたが、先日KDDIが新料金プランを打ち出してきました。どのような展開になるのか楽しみですね。

VYMとHDVにも組入

私が保有する高配当ETFのVYM,HDVともにAT&Tは組入されています。VYMには3%ほど、HDVには7%ほど組入されています。ただし、組入銘柄はころころ変わったりもするっぽいので、あまり気にしないでおこうと思います。HDVの売買回転率は70%と非常に高いのです。今でこそHDVに組入されていますが、一年前ではたしかなかったように思います。またいつ外れるかも分かりませんし、そういう意味でも持っておきたい銘柄はやっぱり個別で持っておきたいということですね。

広告を非表示にする