素人投資家みくたのチラシの裏日記

万年素人投資家みくたの資産運用奮闘記。素人でも資産増やせたらすごくない?クソ記事量産型

妻を株式投資デビューさせました。しかも、いきなりの米国株です

スポンサーリンク

させました。とあるように、みくたの妻は、株式投資・資産運用に関して肯定的ではありません。否定的でもなくニュートラルポジションです。

肯定的ではない理由ですが、(私の推測も含まれています)

  • 金額が大きいこと
  • 資産が減少する可能性があること

金額が小さければ、勝手に趣味程度でやってればいい。洋服が趣味で洋服にお金を費やすのと同じように資産運用すればよいだろう。その程度の金額であれば妻も何も言わなかったでしょう。現物の金額が最大で500万円を超えていた時期もあります。資産運用をされている方からすれば少額かもしれませんが、投資をしない人からすればとんでもなく大きい額ということです。同年代でも、遥かに少ない貯金額の方もたくさんいます。そういった感覚はいつまでも持っておくべきだと、たまには立ち止まって考えるようにしています。

最近の妻はというと、何も言ってこなくなりました。昔は頻繁にいくらぐらい使っているのか?と聞かれました。ふと、なぜ聞いてこないのか?と聞くと「熱心に勉強しているから」と言われ、少し自分のことを理解されたようで嬉しくなりました。

妻に勧めた金融商品

タイトルに米国株と書いているので、米国株なのですが、ずばり「BND:バンガード®・米国トータル債券市場ETF」を勧めました。

元々、米ドルを毎月一年の定期預金を100ドルしていました。利回り1.2%ほどでしょうか。これは、私がドル資産を一部持つように強く勧めたからです。資産運用などしていない彼女の資産は当然100%日本円です。将来的に、日本国に対してネガティブに考えているので、日本円は今よりも価値が下がると考えているからですね。

ですが、彼女がどうしても、渋っていた点があります。仮に損をすれば私に補填をしてほしいと求めてきたことです。そんな無茶苦茶な話って思いません?そんな都合のいい話あるわけないやんって思いません?投資をしない人の感覚がこれなんです。すべてがすべてではないと思いますが、「絶対に損をしたくない!!」この感情なんですよね。日本人は投資人口が少ない、なんて聞きますがやっぱりこういう思いが根強かったりするんでしょうか。

そこで改めて、ドルコスト平均法で買うことのメリット、ドル資産を長期的に持つ重要性、BNDの安定感抜群の債券ETFということをお話したら納得してもらえました。

結論は、毎月定期米ドルの代わりにBNDを1株づつ買いましょう。という方針になりました。早速本日約定し、妻も米国株投資デビューとなりました。

資産運用をしたことがない方の考えは千差万別です。私の妻はかなり保守的な部類であると思いますが、まずは経験することが重要です。損をしたくない、その思いは万人共通ですし、投資への第一歩としてBNDはかなりおすすめできるんじゃないかと思いました。

10年後、私が妻に補填しているかもしれませんがw BNDはそうならないだろうと確信しています。

 

今更ですがツイッターを始めました(´^ω^`)よければ仲良くしてあげてください(´^ω^`) フォロー頂けるとバリューの低いつぶやきが流れてきます(´^ω^`)

twitter.com