読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素人投資家みくたのチラシの裏日記

万年素人投資家みくたの資産運用奮闘記。素人でも資産増やせたらすごくない?

【アジア高配当】インタッチホールディングス・アドバンスドインフォサービス・スターハブから配当金を受領

スポンサーリンク

こんにちは。

米国株高が続いています。一方の新興国であるタイ・シンガポール株からの配当金をいただきました。INTOUCH HOLDINGS、ADVANCED INFO SERVICE、StarHubとも通信株でして高配当銘柄になります。ADVANCED INFO SERVICEはINTOUCH HOLDINGSの傘下になりますので、2社保有する意味はほとんどありません。

米国でも、AT&TやVerizonの通信株は高配当ですので、あえて新興国の通信株に手をだすのかといったところは、はっきりいって難しいところだと思います。私は通信株が大好物です、という背景がございます。

StarHub(スターハブ)

シンガポールの通信株で、規模で言うと第二位になります。一位はダントツでSingTel(シンガポール・テレコム)になります。

32四半期連続で5SGD centでしたが、2017年度は四半期4SGD centに減配をするとアナウンスしました。もちろん株価も下げています。配当利回りは約7%でして、米国のTやVZが5%ほどの配当利回り、そして連続増配という点を考えれば、これぐらいの配当利回りは欲しいところですよね。業績はやや減収・減益といったところでしょうか。

シンガポール株は、楽天証券で持っているのですが、売買手数料が高いので、基本的には売却予定はありません。買い増し??いや、ないですw

今回受領した配当は200株でして、税引き後632円になります。シンガポールは現地徴収税がないので、そのへんは助かります。保有してから今まで税引き後合計3107円の配当金を頂いています。なお、円建ては-11,867円もの含み損が出ています。

ADVANCn INTUCHn

タイの最大手のアドバンスドインフォサービスとその親会社のインタッチホールディングスからの配当金です。こちらも配当利回りは高く7%-8%ほどになっております。アドバンスドインフォサービスは配当性向を今年度より少なくとも70%以上を株主に還元すると明記しています。

先程出てきたシンガポールのSingTelがAdvanced Info ServiceやIntouch Holdingsに出資しており、SingTel一本でいいじゃないかという気になりますよね。実際そうだと思います。ちなみにSingTelの配当利回りは5%を切っています。ならやっぱり米国通信株でええやんってなります。実際そうだと思います。

そんなタイの通信株からの配当金です。

アドバンスド・インフォ・サービス:一株あたり4.29バーツ

インタッチホールディングス:一株あたり1.61バーツ

保有がそれぞれ200株、300株でして税金控除後は1,948円、1097円となっております。こちらは年二回配当ですね。株価は2つ合わせてトントンといった状況です。

以上、新興国株からの配当を頂きました。